ベトナム人に人気の観光地カマウ! 〜インドシナ半島最南端の街〜

南北に長く、南と北では気候がまったく違うベトナム。

今回はホーチミンからバスで約7時間、ベトナム本土の最南端の地カマウをご紹介します!
国土の最東端をフーイエン省(Tỉnh Phú Yên)、最西端をキエンザン省(Tỉnh Kiên Giang)、最北端をハザン省(Tỉnh Hà Giang)、そして最南端が今回ご紹介する、カマウ(Tỉnh Cà Mau)です。

ベトナム人しかいない?!「カマウ岬」

カーマウ 岬

ご覧の通り、見渡す限りの青空!
最南端というだけあり、建物などの日を遮るものはありません。
こちらはカマウの中心地からさらに2時間ほど南に進んだ正真正銘、ベトナム最南端の地
そして、インドシナ半島の最果てです!この先にはいくら進んでも海が広がるだけ。

近くにはマングローブの森があり、内湾の穏やかな流れの海を感じることができます。
※注意点!日差しを遮るものがなく、非常に暑いです。帽子、サングラスなど日差しを避けるものをお忘れなく!

ムイカーマウ
こちらは北緯8度東経104度に位置するカマウ岬の石碑。
ここで友達と一緒に集合写真を撮るのが定番!(ベトナム国旗の赤いTシャツを着用していくと尚良いそうです)
外国人観光客からすると、やはり遠いからでしょうか。
カマウ岬ではなかなか外国人観光客と出会うことはありませんでした。
ベトナムの観光地としては珍しいので、興味を持った方は、是非一度訪れてみてください!

三方を海に囲まれた「漁業の町」

カーマウ カニ

カマウといえば実はカニが名物!
日本のカニのように大きなものではなく、小ぶりなカニがよく売られています。
お土産にカニを買っていく観光客もいるとか?!
ホーチミンの街中でもカマウ産のカニのお店があるくらい人気なんです!

実はおいしいカニとカマウはマングローブの森が関係しています。
味が濃く、タマゴの質が高いカニは、マングローブ地帯の波の静かな内湾に生息すると言われているんです!
カマウはまさにマングローブの森と静かな海に囲まれた絶好の場所!!
カマウがホーチミン在住ベトナム人に人気な理由がわかります。

シーフドレストラン

カマウ岬の近くにはシーフードレストランが何軒かあるので、帰り道に訪れてみるのも良いですね!
例外なく私たちも、お昼はシーフードレストランへ。

カニ

こちら先ほどのカニ(茹でたVER)ですね。
どこの国でもカニを食べる時は無言、、社員一同必死でカニの身をむさぼっていました。
しかし、こちらのカニは殻が固くなかなか思うように身が取れない!!
そんな時は素直に近くにいるベトナム人に助けを借りましょう。

干物

道を歩いていてもなんだか魚臭い!その原因は恐らく、至る所で売られている干物でしょう。
漁業の町であるカマウは日常的に魚を食べるそうです。
この土地ならではの文化ですね!

知る人ぞ知るカマウの絶景スポット「ダーバック島」

夕日 カーマウ

カマウ岬だけ訪れそのまま帰ろうとしているそこのあなた!
ちょっと待ってください!!カマウ岬だけが名所ではありません!!

カマウの中心街へ戻る前に寄っていただきたい絶景スポットがあります。
ここに訪れるだけでもカマウを訪れる価値があります!
日本人向けのガイドブックには、恐らく書かれていないでしょう。
※夕暮れ時に行くことをお勧めします!

ダーバック島 ドラゴン

その名は「ダーバック島」こちら島と言っても陸から橋があり、歩いて渡ることができます。
細い道を走る小型バスもあるので、疲れた方はそちらを利用することも可能です!

ダーバック島 動物

謎のドラゴンが出迎えてくれる島には、動物もいますよ。
なんだか、ここは不思議な島です。
そんなモニュメントをくぐり抜け、岩場を超えると絶景が待っています!!

絶景 社員

あまりの綺麗さに一同黄昏モードです。
私たちの他には、カップルもおり、地元の方にはデートスポットとして知られているのかもしれません。

都会の喧騒からを離れ、週末にゆっくり夕日を見るのはいかがでしょうか?
観光客には知られていないスポット、カマウに是非一度訪れてみてください!!

 

<カマウへのアクセス方法>
Phuong Trang というバス会社がホーチミンからカマウまでのバスを運行しています。
事前に連絡を取り、チケットを予約しましょう。
ホーチミンでは、328, Le Hong Phong, District 10 もしくは  ミエンタイ(the Mien Tay )バス乗り場から乗ることができます。
(ホーチミン市内からの所要時間約7時間、チケット料金約20万VND<片道>)

記事一覧