【ベトナム就職者談Vol.59】宮本勇樹さん/日本語教師

「とりあえずベトナムに来ちゃえばいいんじゃない?来たら何とかなりますよ!」

宮本さん 記事PIC

今回の就職者談は、ベトナムをこよなく愛し、ベトナム人の奥さんを持つ日本語教師の宮本勇樹さん(29)です。
ベトナムに来てもうすぐ丸2年、最近結婚したばかりの幸せいっぱいな宮本さん。
日本では専門商社で働いていた宮本さんは「海外にずっといられる仕事」という理由で日本語教師の道へ。
実際のベトナムでの生活から今後の夢まで、ざっくばらんに語っていただきました。

商社社員から日本語教師へ、単純明快なその理由とは?

山本さん 記事 日本語教師

大岡:こんにちは!早速ですが、自己紹介をお願いします。

宮本:はい。宮本勇樹(みやもとゆうき)、1986年7月6日生まれのギリギリ20代のアラサーです。
2014年にハノイに来て、もうすぐ丸2年になります。
つい最近にベトナム人女性と結婚して、今は毎日楽しく生活してます!

大岡:新婚さんなのですね、楽しそうで羨ましいです!
現在、宮本さんはどのようなお仕事をされているのですか?

宮本:UDICという実習生派遣会社で90%日本語の先生として働いてます。
この制度は日本へ行って技術を学びましょう!!というものです。
実際、エンジニアや留学生の日本への派遣も引き受けています。
そして、残りの10%はお客さん探したりアテンドしたりの営業の要素です。

大岡:それは良い制度ですね、派遣会社の日本語教師ということですね。
日本ではどのようなことをしていたのですか?

宮本:大学出てから新卒で大阪で水産品の専門商社で働いてました。
ベトナムや中国からイカを輸入して国内に販売することと、
北海道や東北のイカを国外に販売することがメインの仕事でした。

大岡:国内外にイカの販売をされていたのですね!
でも、どうしてベトナムで日本語教師に?全くつながりがわからないんですが、、?

宮本:正直に申し上げると、ベトナムにした経緯は消去法です。
選んだんじゃなくて残っただけです笑
まず日本語教師になったのは「海外にずっといられる仕事」だからです。

1年間勉強して資格取って、さて、どこ行こう?ってなったときに
東南アジア(タイ、ベトナム、ミャンマー、フィリピン、インドネシア等々)が一番求人多いんです。
本当はスペイン語圏が第一希望でしたが、求人はないですし、
あってもハードル高いしで行けなかったんです。

それで、タイは食べ物が辛そうで生活的に合わない気がして却下。
フィリピンは当時英語が苦手で却下。
ミャンマー/インドネシアよくわかんなかったので却下。
その結果ベトナムが残りました。

ちなみにハノイにした理由は当時お手伝いしていた日本語教室にベトナムの子が何人かいて、
インタビューした結果と、いつかベトナム語勉強するだろうから
「標準語の方がいいんじゃない?」とふと思ったからです。
しかし、未だに勉強が捗っていないのが非常に悔しい・・・。

死ぬまでベトナムに?その真意とは

大岡:なるほど。確かに、東南アジアでの求人は多いかもしれませんね。
「海外にずっといられる仕事」ということは、もう日本には帰らないんですか?
これからのビジョンがあれば教えて下さい!

宮本:はい。漠然した理由ですが、ベトナムに死ぬまでいたい。と思っています。
というか絶対います。帰りたくないんです!
具体的な理由としては、TPPがあるから活発になりそうなベトナムの風に乗じて
ビジネスをしようと貿易の勉強をしています。
先生だけじゃたぶん5年ぐらいで需要も減少してしまうかもしれないことも理由としてはあります。

もう一つ、割と具体的な理由がありまして、それが、ベトナムでの子育てです。
まだ子どもいないんですけど、「ベトナムの風に吹かれて」という
ベトナムで痴呆症の母親を介護する小説(既に映画化されています)があったんので、
子育て版があってもいいんじゃない?と思いまして。

大岡:なんだか楽しそうですね、実際に海外で働いてみてどうですか??

遊ぶために働く?仕事とプライペートのバランスの違い

宮本さん 記事

宮本:自分の経験上、メキシコぐらいしか他国で働くのを知らないですけどが、ベトナムも楽しいですよね。
何より仕事とプライベートの比重が逆だから。遊ぶために働くっていいと思います。
(誤解がないように言っときますが、チャランポランという訳ではないですよ。ONとOFFのスイッチの切り替えの問題です。)

もちろん楽しいことだけじゃないです。
頭の血管逝ったり、悩まされることもあります。
残念ながらストレスのない仕事というのは世界中見渡してもないと思うので、
その辺は折り合いをつけないといけませんね。

ただベトナムはストレスを感じても、その日のうちにリカバリーする時間があるのが素晴らしいと思います。
というのも、ベトナム人は残業をほとんどしません!
4:55に片付けを始めて、5:00にスパッと帰ります。
もちろんやらねばならない仕事があるときはさすがに放置しませんので、ご安心を。

大岡:メ海外での働き方を楽しんでおられるようですね!
ストレスをリカバリーできる時間があるというのはわかる気がします!
では、最後に、宮本さんから、海外で働いてみたい人へのメッセージがあればお願いします。

宮本とりあえず来ちゃったらいいんじゃないかなと思います
来ちゃえばなんとかなります、人間って意外に丈夫にできてますから。

海外で働く前に頭をよぎる、漠然とした不安は下記のようなものじゃないでしょうか?
第1位、『危険じゃない?』
→日本より安全な国があったら教えてほしいです。

第2位、『言葉わかんないしー…』
→言葉に関しては実際どうにかなります。
実際私がなんとかなっていますから。
そんなこと心配する時間があるならスーツケースに荷物詰めた方がいいですよ!

大岡:宮本さん、今回は、貴重なお話ありがとうございました!
子育て版が出来たときにはまた是非、お話聞かせてくださいね。

PR!
読者の皆さんも就職者談に出演できます!
自推他推どちらでも構いませんので、興味がある方は下記をご覧ください。
ベトナム就職者インタビュー希望者募集

****************************************************************************************
この記事を読まれた方は下記の記事にも興味があるかも!

縁があってかベトナムでレストランを立ち上げられた男性のお話
【ベトナム就職者談Vol.35】小倉哲さん/レストラン経営

ベトナムの5つ星ホテルの日本料理屋でマネージャーされた男性のお話
【ベトナム就職者談Vol.38】村山拓也さん/レストランマネージャー

23歳でまさかのカフェを立ち上げ?若くも立派な女性のお話
【ベトナム就職者談Vol.56】水谷亞香里さん/カフェ経営

*******************************

JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、
ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、
皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る