【ベトナム就職者談Vol.58】カオミンケンさん/食品メーカー【前編】

カオさん キャッチ

ベトナム就職者談Vol.58、今回は少し変わった経歴をお持ちでいらっしゃるカオミンケンさんです!

ベトナム人でありながらも、生まれも育ちも日本のカオミンケンさん。
幼少期からやんちゃで目立ちたがりの性格のせいか、現在もベトナムホーチミンで活発に活動されていらっしゃいます。
そんな彼はMBAを取得したのちに豆腐屋になることに!
奇想天外な人生を送るカオさんがどんな人かご紹介致します!!

 


大岡:本日は取材をお願いします。

まずは画面の向こうの読者に向かって自己紹介をお願いします!

カオ:カオミンケンです。日本育ちのベトナム人で、早稲田大学を卒業後、大手メーカーの営業を勤めていました。
そして6カ月前にホーチミンへ来て、今は「Vi Nguyen(ヴィ・グエン)」という、
父親が9年前に立ち上げた会社を将来的に継ぐために働いています。

知っている人もいるかと思いますが、ベトナムで納豆、豆腐や冷奴、しらたきなどを国内、一部は日本へ輸出しています。超おいしいです!!

現在は社長候補として何でもやりますが、特にマーケティング、営業、戦略立案などを主に担当しています。

 

ローカル層をターゲットとしたマーケティング

大岡:既に社長候補なんですね!マーケティングというと、具体的にはどのようなことをされていらっしゃるのですか?

カオ:マーケテイングとは、豆腐やこんにゃくをどのようなターゲットに、
どのような価格で、どのようにPRしていくかを考えていく事です。
豆腐を例にしてみれば、ベトナム人をターゲットにして商品作りをしていて、
彼らはどうやって豆腐を食べるのかを考えた時、基本的に豆腐を鍋にぶっこんで食べるんですよ。

彼らの習慣に合わせた商品作りをして、例えば鍋の豆腐をどのように食べるのかどのような味付けか、などを考慮に入れています。
また、ローカル層が購入しやすい値段設定にし、彼らが買い物をするローカル市場などにも販売をしています。
AEONやロッテマートなどの主要スーパーでも販売されているので、ぜひ手にとってみてください。

さて、私の担当しているマーケティング業務はターゲットを明確に定めて、
そのターゲットに刺さるPR、価格、販売方法等の最適な組み合わせを考えて作戦を立てるわけです。
実際それらと同時進行でオペレーションも営業もプロモーションも自分でやっています(主に日系企業担当)。
ベトナム企業向けは父やベトナム人従業員が担当しています。

大岡:ローカル層をターゲティングされていらっしゃるのですね!そこに何か狙いがあるのですか?

カオ:市場の大きさが全然違いますからね。
実は前も食品に関わった仕事をしていたのですが、日本の食品は現地日本人と富裕層をターゲットにしている傾向が強いです。
その一方、ローカルのボリューム層を敢えて狙っている会社は少ない気がします。
そのため、うちの会社はどちらかというとローカルメインで頑張っています。

 

りとは違うバックグラウンドでの幼少期

大岡:日本の企業の戦略の事は勉強になります!ちなみに、日本にいる時はどのような事をしていたのですか?

カオ:そうですね、新卒時代は大手電気機器メーカーで営業の仕事を3年間、その後、食品会社で3年間働きました。
学生時代はカナダのトロントに1年間留学した経験があります。

大岡:早稲田でカナダ留学して、更に大手企業に入るなんてエリートですね!そんなカオさん、実はシンガポール国立大学でMBAを取得されたのですよね?

カオ:そうですね!この話をするとかなり長くなります。
そのため、どうして私が父親の会社を継ごうと思ったのか、どうしてMBAを取ろうと思ったのか、時系列でお話します。

そもそも私は日本生まれの日本育ち。
日本の名前はないです。ずっと外国人として日本で生きてきました。
一方、ベトナムに帰っても私は外国人扱いされます。
なぜかというと、ベトナム語が出来ないからです。
そのため日本でもベトナムでも外国人という、常にアウェイな環境で育ってきました。

日本は他の人と違うことを嫌がる傾向があると思うけど、私はそのような異質な環境で育ってきました。
それゆえに、人と違うことに対して何も拒否反応がない。
出自から既に人と違うので、とにかく目立ちまくっていました。

大岡:とてもやんちゃな幼少期だったのですね。大学の時はどうでしたか?

カオさん 表彰式

大学卒業式で学生代表として稲魂賞受賞のスピーチをするカオさん

カオ:大学でも人と違うことを頑張りました。
例えば、大学ではベトナムでボランティアを行う団体を立ち上げました。
今でも活動が継続されているのですが、その活動が評価されて、卒業式の時に学生代表として大学から表彰されました。
「稲魂賞」というものです。それは人と違う事をやったからだと思っています。
とにかく人と違う事をやって、結果も出してきました。

大岡:順風満帆な人生の様に聞こえます。大学卒業後はどうでしたか?

カオ:でも、社会人になると、そうはいかない。わかるでしょ?(笑)

あくまで一般論ですが、企業に入社して巨大組織のピラミッドの一番下に組み込まれると、今までのように自由にふるまえなくなります。
組織の方針や上司の考えが自分のそれよりも優先されることが大半です。
これは組織論としては至極当然です。

ですが、私はそのせいで社会人になってスランプに陥ってしまいました
人生で最大の自信喪失になり、その経験から、自分のことを言えない、表現できない環境は合わないと感じていました。
学生時代を振り返って、自分を自由に表現できる環境こそが己の力を発揮するのに最も重要だと気がつきました。
これは6年間働いてやっと悟ったことです。

「じゃあどうする?」と自分自身に問いかけた時、「起業するしかない」と答えが出ました。
それこそ一番自由な生き方だと感じたのです。
もちろんそんな簡単に出来る事ではないとは知っていながらです。

父親が9年前に会社を興して、いい感じになっていたこともあり、タイミング良く「お前もやれ」と父親から言われました。
6年間自由のない環境でくすぶるよりも、自由で自分自身を表現できるようにしたい。
そのためには、まず父親の会社に身を置く事がいいんじゃないかなと思って、ベトナムに来る事にしました。

どういう学生でどのようなフィロソフィーがあって、どういう会社に入って、
どのような挫折をしてというのが今までの人生のファーストステージです。

自分の特色を活かすには、日本とベトナムの架け橋になる仕事がよいと思いました。
ポジショニング的にも日本とベトナムの両方を知る人材は少ないはずです。
ベトナムは今後需要が大きく伸びるマーケットで、そこで上手く自分を差別化できる場所だと思いました。
自分が活躍する場所だと感じたのでベトナムに来ようと思いました。

これは「何でベトナムなの?」という質問に対する答えです。

(~中編へ続く~)

カオさん MBA時代

中編ではシンガポール国立大学でMBAを取得した話を公開!詳しくはこちら

カオさん 買い物

後編では、最後にキャリアに悩む読者にエールを送りします!詳しくはこちら

Vi Ngyyen Logo

<会社プロフィール>
Vi Nguyen Co., Ltd.
75/25 Gò Dầu – Tân Quý – Tân Phú – Tp.HCM
お問い合わせは以下まで(日本語可)
vinguyen.co@gmail.com

 

 

 

 

 

 


~この記事を読んだ方にお勧めのコンテンツ~

誰も気になる安くて美味しいベトナム庶民料理

ベトナムの庶民料理、安くておいしいものだけ集めてみました。

ベトナム現地在住の日本人が厳選したレストラン~ホーチミン編~

下記3名はベトナムで活躍される飲食関係の日本人のインタビュー記事
縁があってかベトナムでレストランを立ち上げられた男性のお話
【ベトナム就職者談Vol.35】小倉哲さん/レストラン経営

ベトナムの5つ星ホテルの日本料理屋でマネージャーされた男性のお話
【ベトナム就職者談Vol.38】村山拓也さん/レストランマネージャー

23歳でまさかのカフェを立ち上げ?若くも立派な女性のお話
【ベトナム就職者談Vol.56】水谷亞香里さん/カフェ経営

*****************************
JellyfishHRではほとんど毎日フェイスブックファンページより、
ベトナム求人情報・観光情報・海外就職コラム・語学コラムなどを、
皆様にお届けしておりますので、是非いいね!を押してください!

https://www.facebook.com/jellyfishhr.japan/

関連記事

Facebookページ

カテゴリー

ページ上部へ戻る